警報災害対策
○休業日(臨時休業)になる基準

 悪天候や地震などにより安全に登校できない場合、以下の通り臨時休業とします。ただし、気象情報等に
ついてはテレビなどで確認し、判断してください。

(ア)気象情報が発令された場合
   @ 「特別警報」が発令されている場合
    正午の時点で発令されている場合、その日は臨時休業とします。
    また、「登校途中に発令され登校してきた場合」、「在校中に発令された場合」、「下校途中に発令さ
    れ学校に戻ってきた場合」はつぎのとおりとします。
    a.原則として、保護者が引き取りに来るまで、生徒を学校で待機させます。
    b.引き取り時刻は、その時点で連絡します。
    c.災害の状況によっては、保護者と連絡が取れ、安全に下校できることが確認できた場合に限り、
      順次下校させます。

   A 「大雨、洪水、暴風、大雪、暴風雪警報」のうち、2つ以上発令されている場合
    1〜4限の授業は12時の時点で、5〜8限は16時の時点で発令されている場合、臨時休業とします。

   B 「台風接近による大雨、洪水、暴風警報」が1つでも発令されている場合
    1〜4限の授業は12時の時点で、5〜8限は16時の時点で発令されている場合、臨時休業とします。


(イ)「震度5弱」以上の地震が発生した場合(広島市立学校全体の基準
   @ 21時から24時までに発生した場合には、翌日を一斉臨時休業とします。
   A 0時から13時までに発生した場合は、当日を一斉臨時休業とします。
   B 「登校中に地震が発生し学校に登校した場合」、「在校中に発生した場合」、「下校中に地震が発生し
     学校に戻ってきた場合」は、下記のとおりとします。
    a. 原則として、保護者が引き取りに来るまで、生徒を学校に待機させます。
    b. 引き取り開始時刻はその時点で連絡します。


 なお、地域によっては上記によらず登校に危険が伴う場合がありますので、各家庭で確認の上、登校の
可否を判断してください。