大正 8年 6月 1日
広島市商業補修学校として創設され、広島市で唯一の夜間商業教育機関であった。
大正13年 4月 1日
広島市商業専修学校と改称される。
昭和10年 3月31日
広島市立商業専修青年学校と改称される。
昭和12年 3月31日
広島市第二商業学校と改称される。
昭和16年 3月31日
広島市立第二商業学校と改称される。
昭和23年 5月 3日
学制改革により、市商と合併、広島市商業高等学校定時制となる。
昭和24年 4月30日
高校再編成により、広島県広島基町商業高等学校定時制となる。
昭和29年 9月 1日
基町高校より分離し、広島県広島市商業高等学校として設置される。これより本校は、全国でも数少ない独立の夜間商業高校となる。
昭和34年 4月 1日
広島県広島大手町商業高等学校と改称される。
昭和43年 3月30日
商業科特別教室(簿記室、文書事務室、タイプ室、事務機械室)、家庭科教室、礼法室、便所等の増築が完成し、運動場の照明を増設。
昭和54年11月11日
創立以来ここに60周年を迎えることとなり、これを記念して盛大な式典と行事が行われた。
昭和55年 4月 1日
政令指定都市に伴い広島市立大手町商業高等学校と改称される。
 
昭和58年 9月 1日
格技場竣工、被服教室ならびに情報処理室が増設される。
 
平成元年  2月23日
総合実践教室竣工。
平成元年 11月12日
創立以来ここに70周年を迎えることとなり、これを記念して盛大な式典と行事が行われた。
平成 4年 5月20日
OA教室の整備、及びワープロ21台、パソコン20台がそれぞれ増設。
平成 5年 4月 1日
大検併修による3年卒業が認可される。
平成 7年
音楽室の一部を改装された。
平成 8年
実務代替による単位認定認可される。図書室と第2被服室を改装。
平成 9年 4月 1日
AET、日本語講師が導入される。
 
平成 9年 9月 1日
 
ワープロ14台が増設され、42台に整備された。
平成10年 4月 1日
 
技能審査と聴講生制度を導入した。
平成10年 7月
 
学校間連携を実施した。
平成10年 9月 1日
 
パソコン14台が増設され、計47台に整備された。
平成11年 4月 1日
 
創立80周年記念式典挙行。
平成13年 4月
次世代IT事業により、校内LAN等が整備され、インターネット接続開始。
平成14年 4月
単位制高校に移行。
思いやりと豊かな心
民主的な社会の形成者として、職業を通して社会に貢献するとともに、
平和と人権を尊重する心豊かな人間を育成する
@心身を鍛錬し、基本的生活習慣を身につける
A家庭、職場、学校の連絡を密にし、充実した学校生活をめざす
B基礎的な学力の定着をはかるとともに、資格取得を推進する
C生徒の興味、関心、適性に基づく進路指導を充実する
校訓
教育目標
努力事項
校歌
沿革
校章
 学校紹介